「民主文学」 2018年(後半)総目次

(「文字サイズ=中以下」でご覧ください)    「民主文学」総目次先頭に戻る

  7月号  634号         作品紹介
連載小説
 雨霽れよかし
創作
 ライク・ア・ローリングストーン
 冷える月
 酒蔵の街
連載小説
 ママ、なんになるの (第四回)
連載エッセイ 踏み来し路の一つひとつを (第九回)

小林多喜二没後85年シンポジウム
 なぜ、私たちは多喜二を語りつぐか
 「蟹工船」ブームから10年。今、若者は・・・

評論
 ディストピアにみえる状況のなかで長編完結作を読む
 仙洞田一彦「忘れ火」を読む
日本の素顔
 たたかいの中でこそ人は成長できる
  宝の海・有明海を取り戻そう
詩  野ばら
短歌 蕾ふくらむ
俳句 春の潮

文芸時評 作家の視点・視野
支部誌・同人誌評 主題にそった整理、統合の必要性
書評
キム・ビョラ著、後藤守彦訳『常盤の木 金子文子と朴烈の愛』
わが支部  下総支部

工藤 勢津子

渥美 二郎
井辺 一平
木下 道子

秋元 いずみ
奈良 達雄

岩崎 明日香
北村 隆志
田島 一
宮本 阿伎

岩渕 剛
下田 城玄

岩井 三樹

小森 香子
田中 礼
鈴木 映

仙洞田 一彦
牛久保 建男

浅野 勝圀
山形 暁子