2023年(前半)総目次
「民主文学」先頭に戻る
(2017年以外の総目次)
(「文字サイズ=中以下」でご覧ください)

  1月号  688号       作品紹介 
新春短編小説特集
 加担者A
 ある依頼
 消えない記憶
 静寂の刻
 いのち輝いて
 慟 哭

連載小説
 孤児の地図 (第三回)
 荒草の道 第二部 (第四回)
連載エッセイ 
 ゴッホの部屋にて (第三回)

評論
 土、人、そして文学 ――高村薫『土の記』を読む
長編完結作を読む
 問いの文学と歴史  ――青木陽子『星と風のこよみ』の設計
私の好きな近・現代文学
 小林多喜二「一九二八年三月十五日」など
掌編
 雅屋の思い出
 一人暮らし
 ベストエフォート

詩  想 像
短歌 戦争と平和 ―憲法の危機―
俳句 福笑い

文芸時評      いまも続く東日本大震災の波紋
支部誌・同人誌評  過去を基軸にして創造へ向う
随想四季      萩の輪

工藤 勢津子
風見 梢太郎
仙洞田 一彦
橘 あおい
松本 喜久夫
能島 龍三


川村 俊雄
梁 正志

中西 繁


高田 三郎

馬場 徹

鴨川 耕作

空猫 時也
増田 勝
最上 裕

三浦 健治
小石 雅夫
飯田 史朗

北村 隆志

柴垣 文子
田川 あき
  2月号  689号       作品紹介 
創作
 コスモス
 職員通路
 福祉の谷間に
 壊れたカメラ

連載小説
 孤児の地図 (第四回)
 荒草の道 第二部 (第五回)
連載エッセイ 
 ゴッホの部屋にて (第四回)

座談会
 文学二〇二二年から二〇二三年へ



大会に向けて考える
 文学運動の歴史を自覚して
私の好きな近・現代文学
 新しさ増す「人間の壁」
掌編
 追憶
 大豆

詩  日 々
短歌 名を呼ぶは
俳句 多喜二忌に未来

第10回若い世代の文学研究集会に参加して
 自身の成長を実感
 作者へのレスペクトを忘れない合評
 取材の重要さを再認識

文芸時評      モチーフとテーマとロスジェネ文学
支部誌・同人誌評  変革期の「微し」を捉える
書評        杉山成子『誰もこの涙に気づかない』

稲沢 潤子
中島 光子
保坂 和夫
北原 耕也


川村 俊雄
梁 正志

中西 繁


石井 正人
風見 梢太郎
松田 繁郎
牛久保 建男 司会

岩渕 剛

奈良 達雄

小嶋 雄二
松尾 喜生

秋村 宏
田村 広志
望月 たけし


川澄 円
藤村 智二
西本 真寛

北村 隆志
馬場 雅史
川本 幹子