2020年(後半)総目次
「民主文学」先頭に戻る
(2017年以外の総目次)
(「文字サイズ=中以下」でご覧ください)

  7月号  658号       作品紹介 
短期連載
 父母に捧げる散文詩
創作
 光のきざはし
 晩秋
 闇の刻
 乳房

連載小説
 わが心、高原にあり (第七回)
 森の記憶 (第十五回)
連載エッセイ 
 油絵紀行 (第八回)
 「無言館」の庭から(第十八回)

評論
 「大伴旅人のメッセージ」(品田悦一論文)を考える
 「大阪環状線」の「在日韓国・朝鮮人」のこと

 思案投げ首小説作法(4)

詩  火山島の言葉たち 47
短歌 かくなる春の二度とあらすな
俳句 知性の春

随想四季     「五行歌」で政治を詠む
文芸時評     民主文学新人賞受賞作とコロナ禍小説
支部誌・同人誌評 ジェンダーの視点を据えて

追悼       小林茂夫さんを送る
書評       大浦ふみ子『燠火』

わが支部  宮城支部
文芸ジャーナル

東 峰夫

中村 恵美
井上 通泰
井辺 一平
たなかもとじ


野里 征彦
柴垣 文子

中西 繁
窪島 誠一郎


瀬戸井 誠
新船 海三郎

仙洞田 一彦

都月 次郎
大津留 公彦
渡辺 をさむ

小松 ゆか
松田 茂郎
岩崎 明日香

大田 努
高野 裕治

金田 基
牛久保 建男
  8月号  659号       作品紹介 
創作
 閉ざされた日から
 もう一つの顔
 鉄線橋
 プリザーブドフラワー

連載小説
 父母に捧げる散文詩(中)
 わが心、高原にあり (第八回)
 森の記憶 (最終回)
連載エッセイ 
 油絵紀行 (第九回)
 「無言館」の庭から(第十九回)

評論 特集=パンデミック小説を読む
 天然痘と移民たち ―― ル・クレジオ「隔離の島」
 極限のなかの人間たち ―― ジョゼ・サラマーゴ「白の闇」
 連帯の力で不条理な現実を変える ―― カミュ「ペスト」

菱崎 博「舞鶴港の風―軍港に命を懸けた人々」を読む

詩  八月
短歌 コロナ禍と正念場
俳句 十年目

文芸時評     明晰な現実を取り戻すために
支部誌・同人誌評 現実と照らし合わせる

書評       池戸豊次『水のまち』

わが支部  東京東部支部
文芸ジャーナル

田島 一
高橋 英男
杉尾 周美
岩崎 明日香


東 峰夫
野里 征彦
柴垣 文子

中西 繁
窪島 誠一郎


中村 泰行
渥美 二郎
乙部 宗徳

槇村 哲朗

秋村 宏
藤田 貴佐代
江口 肇

松田 繁郎
岩渕 剛

宮本 阿伎

橘 あおい
牛久保 建男