2024年(前半)総目次
「民主文学」先頭に戻る
(2017年以外の総目次)
(「文字サイズ=中以下」でご覧ください)

  1月号  700号       作品紹介 
民主文学新人賞作家特集
 夢のあとさき
 海に聞け、空に聞け
 会計制度任用職員
 ほほえみ
 真夜中のダンサー
 ほどけない、けど結ばれない
 ソリャンカ
 白いワンピース

インタービュー
 池澤夏樹
  すべての文芸は誰かの語りではないのか ――「歴史小説」をめぐって

連載小説
 労組委員長 (最終回)
 荒草の道 第三部 (第七回)
連載エッセイ 
 詩農一如 ――ある農民党員の軌跡 (第十回)
 「無言館」だより (第三回)

文学運動の歩みを名作で振り返る①
 秋元有子「灼ける」をめぐって

私の好きな近・現代文学
 遠藤周作『沈黙』から『侍』へ
  ―周作的キリスト教観の発展
長編完結作を読む
 寒風の社会を生きるために
  ―木曽ひかる「冬萌」を読む

詩  三つの指輪
俳句 安保の腰
短歌 パンには非ず

文芸時評      「正しさの圧力」とジェンダーの難問
支部誌・同人誌評  希望を込めたタイトル
随想四季      『満州に連れ出された女学生』のこと
書評        工藤勢津子『利休鼠の雨』

佐田 暢子
たなか もとじ
木曽 ひかる
秋吉 知弘
宮越 信久
杉山 成子
かなれ 佳織
笹本 敦史


聞き手
乙部 宗徳


東 喜啓
梁 正志

前田 新
窪島 誠一郎


吉開 那津子


太田 晴夫


川澄 円


三浦 健治
飯田 史郎
小石 雅夫

北村 隆志
岩崎 明日香
杵渕 智子
横田 昌則
  2月号  701号       作品紹介 
民主文学新人賞作家特集Ⅱ
 終止符
 奈々先生のオランジェット
 フツウ高校
 狐づら
 光の方向

新連載小説
 この国は誰のもの ―クヴィスリングのいけにえ― (第一回)
連載小説
 荒草の道 第三部 (第八回)

連載エッセイ 
 詩農一如 ――ある農民党員の軌跡 (第十一回)
 「無言館」だより (第四回)

座談会
 戦争か平和かが問われる時代
  二〇二四年の文学の展望を考える


文学運動の歩みを名作で振り返る②
 霜多正次『明けもどろ』を読む

掌編
 音を探す

詩  コンサート
俳句 戦争史
短歌 天気図

文芸時評      日本の労働運動の現状を憂う
支部誌・同人誌評  愛と信頼に満ちた作品を
書評        倉園沙樹子『巨艦の幻影』

秋元 いずみ
岩崎 明日香
渥美 二郎
田本 真啓
横田 昌則


草薙 秀一

梁 正志


前田 新
窪島 誠一郎


青木 陽子
石井 正人
岩渕 剛
司会 乙部宗徳

三浦 光則


越 広子

青木 みつお
望月 たけし
大川 史香

北村 隆志
宮越 信久
松本 喜久夫
  3月号  702号       作品紹介 
創作
 岬夕景
 十三歳の夏~雅子の場合~
 半分の光明
 こういう男

新連載小説
 この国は誰のもの ―クヴィスリングのいけにえ― (第二回)
連載小説
 荒草の道 第三部 (最終回)

連載エッセイ 
 詩農一如 ――ある農民党員の軌跡 (最終回)
 「無言館」だより (第五回)

東京電力福島第一原発事故から十三年
 第一原発事故がもたらした惨状と課題
 宮城県での原発ゼロをめざすたたかい ―止めよう! 女川原発再稼働
 玄海原発運転差し止めのたたかい

文学運動の歩みを名作で振り返る③
 右遠俊郎『告別の秋』準備草稿

「労組委員長」の連載を終えて

詩  いちばん初めは
俳句 「春」遠し
短歌 三人を抜く

文芸時評      この国を変えるために
支部誌・同人誌評  うれしい時、悲しい時、苦しい時
書評        青木陽子『星と風のこよみ』

野里 征彦
高橋 英男
最上 裕
草川 八重子


草薙 秀一

梁 正志


前田 新
窪島 誠一郎


伊藤 達也
金田 基
山口 美恵子


北村 隆志

東 喜啓

都月 次郎
目澤 史風
松野 さと江

岩崎 明日香
松田 繁郎
原 健一