2020年(前半)総目次
「民主文学」先頭に戻る
(2017年以外の総目次)
(「文字サイズ=中以下」でご覧ください)

  1月号  652号       作品紹介 
連載小説
 わが心、高原にあり
新春短編小説特集
 メトロノーム
 青いゾウ
 水入らずの日
 交尾
 こもれびの病棟
 夏休み

連載小説
 森の記憶 (第九回)
連載エッセイ 
 油絵紀行 (第2回)
 「無言館」の庭から(第十二回)

評論
 百田尚樹『日本国紀』の検証
文学と天皇の問題
 大江健三郎と天皇(制)、また「戦後民主主義」(下)
 思案投げ首小説作法(1)
長編完結作を読む
 最上裕「真夜中のコール」の読みどころ

詩  見えない被爆 ―四国五郎の絵をTVで初めて見て
短歌 冥ぐり合う妻に
俳句 風のこえ
文芸時評  
 揺さぶられ前景化するジェンダー観
支部誌・同人誌評  作品として形にすること
 わが支部  奈良支部
文芸ジャーナル

野里 征彦

田本 真啓
かなれ 佳織
須藤 みゆき
鶴岡 征雄
橘 あおい
青木 陽子


柴垣 文子

中西 繁
窪島 誠一郎


大日向 純夫

新船 海三郞
仙洞田 一彦

風見 梢太郎

三浦 健治
小石 雅夫
飯田 史郎

北村 隆志
岩渕 剛
辻本 ひで子
牛久保 建男
  2月号  653号       作品紹介 
創作
 石木川の畔り
 髭の部長さん
 蝉時雨
 墓地に吹く風

連載小説
 わが心、高原にあり (第二回)
 森の記憶 (第十回)

連載エッセイ 
 油絵紀行 (第三回)
 「無言館」の庭から(第十三回)

座談会  
 文学二〇一九年から二〇二〇年へ


評論
 宮本百合子『道標』軍医津山のモデルと戦争犯罪

詩  空虚
短歌 白き雲
俳句 木枯し

文芸時評  リアリズムと自然主義の違い
支部誌・同人誌評  ジェンダー問題に挑む
芸術批評のひろば 映画「時の行路」
わが支部  町田支部
文芸ジャーナル

大浦 ふみ子
高田 三郞
鴨川 耕作
工藤 勢津子


野里 征彦
柴垣 文子


中西 繁
窪島 誠一郎

岩渕 剛
松井 活
松木 新
牛久保 建男

岩崎 明日香

田畑 悦子
有村 紀美
望月 たけし

北村 隆志
橘 あおい
西山 正浩
木原 信義
牛久保 建男
  3月号  654号       作品紹介 
若い世代特集
 光射す海域へ
 マア君とクマ
 声と鼓動
 マイホーム

連載小説
 わが心、高原にあり (第三回)
 森の記憶 (第十一回)

連載エッセイ 
 油絵紀行 (第四回)
 「無言館」の庭から(第十四回)

松田解子戦後日記  
 一九四六年一月から十二月まで 妙録(上)

評論
 手塚英孝と小林多喜二
 時代をこえたプロレタリア文学の魅力
思案投げ首小説作法(2)
長編完結作を読む
 草薙秀一「大阪環状線」を読んで

詩  でんげん
短歌 朝のひかりに ―「時の行路」試写会―
俳句 鎌いたち

文芸時評  戦争の何を伝えるのか
支部誌・同人誌評  若い世代・若き時代の感性を写して
芸術批評のひろば 「松本五郎・菱谷良一 無二の親友展」
わが支部  代々木支部
文芸ジャーナル

空猫 時也
秋元 いずみ
渡部 唯生
野川 環


野里 征彦
柴垣 文子


中西 繁
窪島 誠一郎





久野 通広
松田 繁郎
仙洞田 一彦

横田 昌則

佐々木 洋一
清水 勝典
鳥羽 しま子

乙部 宗徳
松井 活
後藤 守彦
北村 隆志
牛久保 建男
  4月号  655号       作品紹介 
創作
 餓鬼の転職
 ノッティンガムの少女
 ほうとう

連載小説
 わが心、高原にあり (第四回)
 森の記憶 (第十二回)

連載エッセイ 
 油絵紀行 (第五回)
 「無言館」の庭から(第十五回)

特集=東日本大震災から九年
 知らないうちに(詩)
 おれたちを忘れるな(詩)
 福島第一原発事故による核災の現状
 「祝祭」の陰で
 東電裁判で何が明らかになったか
 関東大震災と文学

松田解子戦後日記  
 一九四六年一月から十二月まで 妙録(下)
日本の素顔 
 屈しない女たち 続・石木ダム建設反対の闘いは いま
 
詩  除夜の鐘を聞きながら
短歌 炎の言葉
俳句 多喜二忌

文芸時評  歴史への視線
支部誌・同人誌評  困難を抱える若い世代へのまなざし
書評 江崎淳編『松田解子年譜』
   田中礼歌集『燈火』
わが支部  山梨支部
文芸ジャーナル

仙洞田 一彦
矢嶋 直武
青山 次郎


野里 征彦
柴垣 文子


中西 繁
窪島 誠一郎


和合 亮一
照井 良平
前田 新
金田 基
たなかもとじ
岩渕 剛




田崎 以公夫

宇宿 一成
碓田 のぼる
入江 勉人

乙部 宗徳
岩崎 明日香
岡田 孝子
山本 司
山田 和民
牛久保 建男
  5月号  656号       作品紹介 

創作
 ヨブが見た空  民主文学新人賞受賞第一作
 三日月
 ガレ場の蝶
 陸のカモメ

連載小説
 わが心、高原にあり (第五回)
 森の記憶 (第十三回)

連載エッセイ 
 油絵紀行 (第六回)
 「無言館」の庭から(第十六回)

第26回全国研究集会への問題提起
 「社会と人間の真実をどう描くか」をめぐって
 第一分散会 「体験と事実」と小説を創ること
 第二分散会 若い世代が描く世界
 第三分散会 基礎講座「小説」を書く人のために
 第五分散会 「評論」を書きたい人のために

詩  花を見る 道を見る
短歌 点景
俳句 大分・日出生台

文芸時評  『地上生活者』第6部のことなど
支部誌・同人誌評  「回想」すること、忘れてはいけないこと
書評 稲沢潤子『わたしの鵞鳥・墳墓』
   工藤勢津子『雨霽れよかし』
   奈良達雄『踏み来し路の一つひとつを』
わが支部  岡山支部
文芸ジャーナル


秋吉 知弘
満吉 栄吉
高橋 篤子
北原 耕也

野里 征彦
柴垣 文子


中西 繁
窪島 誠一郎



牛久保 建男
田島 一
岩渕 剛
仙洞田 一彦
宮本 阿伎

大釜 正明
城間 百合子
万葉 太郎

松木 新
松田 繁郎
馬場 雅史
小林 八重子
鶴岡 征雄
笹本 敦史
牛久保 建男

  6月号  657号       作品紹介 
第17回民主文学新人賞
 受賞作 孤高の人
 佳作  病院で掃除のアルバイトをづるということ
 選評




連載小説
 わが心、高原にあり (第六回)
 森の記憶 (第十四回)

連載エッセイ 
 油絵紀行 (第七回)
 「無言館」の庭から(第十七回)

評論
 「時の行路」三部作について語りたいこと
 変容する小説群 試論ライトノベル
 
 思案投げ首小説作法(3)
若い世代の文学カフェin大阪に参加して
 世代をこえて文学と生き方を語り合う
 若い世代にこそ民主主義文学会が
 『民主文学』が身近な文学に

詩  駅
短歌 八十路を生きる
俳句 春を待つ

随想四季  小説『武器を捨てよ!』と私
文芸時評  『海の底から』のことなど
支部誌・同人誌評  同調圧力をつきぬけて
書評 成澤榮壽『歴史と文学―歴史家が描く日本近代文化論』

わが支部  大阪北支部
文芸ジャーナル

宮腰 信久
中 寛信
青木 陽子
牛久保 建男
乙部 宗徳
工藤 勢津子
仙洞田 一彦

野里 征彦
柴垣 文子


中西 繁
窪島 誠一郎


昆 弘見
中村 恵美

仙洞田 一彦

久野 通広
秋吉 知弘
川澄 円

草野 信子
中山 惟之
鈴木 節子

小田 鴿介
松木 新
馬場 徹
大田 努

川本 幹子
牛久保 建男