2020年(前半)総目次
「民主文学」先頭に戻る
(2017年以外の総目次)
(「文字サイズ=中以下」でご覧ください)

  1月号  652号       作品紹介 
連載小説
 わが心、高原にあり
新春短編小説特集
 メトロノーム
 青いゾウ
 水入らずの日
 交尾
 こもれびの病棟
 夏休み

連載小説
 森の記憶 (第九回)
連載エッセイ 
 油絵紀行 (第2回)
 「無言館」の庭から(第十二回)

評論
 百田尚樹『日本国紀』の検証
文学と天皇の問題
 大江健三郎と天皇(制)、また「戦後民主主義」(下)
 思案投げ首小説作法(1)
長編完結作を読む
 最上裕「真夜中のコール」の読みどころ

詩  見えない被爆 ―四国五郎の絵をTVで初めて見て
短歌 冥ぐり合う妻に
俳句 風のこえ
文芸時評  
 揺さぶられ前景化するジェンダー観
支部誌・同人誌評  作品として形にすること
 わが支部  奈良支部
文芸ジャーナル

野里 征彦

田本 真啓
かなれ 佳織
須藤 みゆき
鶴岡 征雄
橘 あおい
青木 陽子


柴垣 文子

中西 繁
窪島 誠一郎


大日向 純夫

新船 海三郞
仙洞田 一彦

風見 梢太郎

三浦 健治
小石 雅夫
飯田 史郎

北村 隆志
岩渕 剛
辻本 ひで子
牛久保 建男
  2月号  653号       作品紹介 
創作
 石木川の畔り
 髭の部長さん
 蝉時雨
 墓地に吹く風

連載小説
 わが心、高原にあり (第二回)
 森の記憶 (第十回)

連載エッセイ 
 油絵紀行 (第三回)
 「無言館」の庭から(第十三回)

座談会  
 文学二〇一九年から二〇二〇年へ


評論
 宮本百合子『道標』軍医津山のモデルと戦争犯罪

詩  空虚
短歌 白き雲
俳句 木枯し

文芸時評  リアリズムと自然主義の違い
支部誌・同人誌評  ジェンダー問題に挑む
芸術批評のひろば 映画「時の行路」
わが支部  町田支部
文芸ジャーナル

大浦 ふみ子
高田 三郞
鴨川 耕作
工藤 勢津子


野里 征彦
柴垣 文子


中西 繁
窪島 誠一郎

岩渕 剛
松井 活
松木 新
牛久保 建男

岩崎 明日香

田畑 悦子
有村 紀美
望月 たけし

北村 隆志
橘 あおい
西山 正浩
木原 信義
牛久保 建男
  3月号  654号       作品紹介 
若い世代特集
 光射す海域へ
 マア君とクマ
 声と鼓動
 マイホーム

連載小説
 わが心、高原にあり (第三回)
 森の記憶 (第十一回)

連載エッセイ 
 油絵紀行 (第四回)
 「無言館」の庭から(第十四回)

松田解子戦後日記  
 一九四六年一月から十二月まで 妙録(上)

評論
 手塚英孝と小林多喜二
 時代をこえたプロレタリア文学の魅力
思案投げ首小説作法(2)
長編完結作を読む
 草薙秀一「大阪環状線」を読んで

詩  でんげん
短歌 朝のひかりに ―「時の行路」試写会―
俳句 鎌いたち

文芸時評  戦争の何を伝えるのか
支部誌・同人誌評  若い世代・若き時代の感性を写して
芸術批評のひろば 「松本五郎・菱谷良一 無二の親友展」
わが支部  代々木支部
文芸ジャーナル

空猫 時也
秋元 いずみ
渡部 唯生
野川 環


野里 征彦
柴垣 文子


中西 繁
窪島 誠一郎





久野 通広
松田 繁郎
仙洞田 一彦

横田 昌則

佐々木 洋一
清水 勝典
鳥羽 しま子

乙部 宗徳
松井 活
後藤 守彦
北村 隆志
牛久保 建男