2020年(前半)総目次
「民主文学」先頭に戻る
(2017年以外の総目次)
(「文字サイズ=中以下」でご覧ください)

  1月号  652号       作品紹介 
連載小説
 わが心、高原にあり
新春短編小説特集
 メトロノーム
 青いゾウ
 水入らずの日
 交尾
 こもれびの病棟
 夏休み

連載小説
 森の記憶 (第九回)
連載エッセイ 
 油絵紀行 (第2回)
 「無言館」の庭から(第十二回)

評論
 百田尚樹『日本国紀』の検証
文学と天皇の問題
 大江健三郎と天皇(制)、また「戦後民主主義」(下)
 思案投げ首小説作法(1)
長編完結作を読む
 最上裕「真夜中のコール」の読みどころ

詩  見えない被爆 ―四国五郎の絵をTVで初めて見て
短歌 冥ぐり合う妻に
俳句 風のこえ
文芸時評  
 揺さぶられ前景化するジェンダー観
支部誌・同人誌評  作品として形にすること
 わが支部  奈良支部
文芸ジャーナル

野里 征彦

田本 真啓
かなれ 佳織
須藤 みゆき
鶴岡 征雄
橘 あおい
青木 陽子


柴垣 文子

中西 繁
窪島 誠一郎


大日向 純夫

新船 海三郞
仙洞田 一彦

風見 梢太郎

三浦 健治
小石 雅夫
飯田 史郎

北村 隆志
岩渕 剛
辻本 ひで子
牛久保 建男
  2月号  653号       作品紹介 
創作
 石木川の畔り
 髭の部長さん
 蝉時雨
 墓地に吹く風

連載小説
 わが心、高原にあり (第二回)
 森の記憶 (第十回)

連載エッセイ 
 油絵紀行 (第三回)
 「無言館」の庭から(第十三回)

座談会  
 文学二〇一九年から二〇二〇年へ


評論
 宮本百合子『道標』軍医津山のモデルと戦争犯罪

詩  空虚
短歌 白き雲
俳句 木枯し

文芸時評  リアリズムと自然主義の違い
支部誌・同人誌評  ジェンダー問題に挑む
芸術批評のひろば 映画「時の行路」
わが支部  町田支部
文芸ジャーナル

大浦 ふみ子
高田 三郞
鴨川 耕作
工藤 勢津子


野里 征彦
柴垣 文子


中西 繁
窪島 誠一郎

岩渕 剛
松井 活
松木 新
牛久保 建男

岩崎 明日香

田畑 悦子
有村 紀美
望月 たけし

北村 隆志
橘 あおい
西山 正浩
木原 信義
牛久保 建男