第15回 「民主文学」 新人賞
 
 第15回「民主文学」新人賞第一次選考結果について

 第十五回民主文学新人賞は、小説七十五編、評論八編、戯曲八編の応募があり、次の作品が第一次選考を通過しました。最終発表および入選作品は本誌六月号に掲載の予定です。なお、選考委員に選任されていました丹羽郁生氏は、療養中につき参加をしていません(順不同)。

〈小説〉
黒田健司「仲間たちといた夏」
祥賀谷悠「南紀州」
池戸豊次「水のまち」
城戸 梢「日本海はるかに」
伊藤さつき「めんごい子」
山本利雄「不来方ユニオン」
梁 正志「奎(ほし)の夢」
澤田信也「草萌え」
田本真啓「バードウォッチング」
志方知受太「南相馬で」

〈評論〉
森 孝行「短歌革命──悦ばしき短歌」
草野一哲「『人間失格』の人間論」

〈戯曲〉
冨田祐一「戦艦武蔵の最期〜下級兵士の見た沈没〜」

民主文学新人賞 に戻る