2022年 各地の文学研究集会
 九州文学研究集会開催  

 一昨年から延期・延期を重ねてきた九州文学研究集会を、四月十四日にやっと福岡県福津市の玉乃井旅館の二階を借り切って天気にも恵まれたなかで開催出来ました。  

 コロナ禍が続いている中での開催だったので心配もありましたが、当初の参加申込は二十九人(佐賀十二、福岡七、北九州七、その他三)でした。数日前には二十四人となり、それが当日は二十二名の参加でした。文学会から来て頂いた宮本阿伎講師の講演内容は、「ハンセン病文学と民主主義文学」でした。  

 その話を聞いた会員の中には「何んで今頃ハンセン病問題?」と疑問視する会員もいましたが、講師から全参加者にたくさんの資料を送って頂き、「それを見て講師のハンセン病問題にかける思いに得心した」と言っていました。また別の会員は、「宮本講師が九州に来られたのは二回目になり一回目は大牟田で開かれた時で、その時から『ハンセン病』問題をこんなに長く取り上げられ続けてこられたことに本当に頭が下がる思い」と話していました。また、講演後も「講師からしっかりした長い講演レジメを作ってくれているので、帰ってからもゆっくり復習が出来る」と喜んでいました。  

 今回の取り組みは、文学会から送って頂いた九州の会員名簿から五十六人に第一回目の案内を送りました。郵送費だけで四千円以上使い、福岡県内の人には電話かけなどしましたが、新しい人の参加申込みはありませんでした。やはり支部に所属していない人は、それぞれそれなりの事情があり支部主催の行事に参加させるのは難しいと思いました。  

 前々回から一支部二作迄(主作品と副作品)提出可としたので、合評時間が足りないので主作品は四十五分、副作品は三十五分としました。今回の九州文学研究集会に提出された作品は、それぞれの支部誌に掲載された作品で主作品は、佐賀「電話相談員」水町典子、北九州「復讐の刃」高岡太郎、福岡「胃痛」西垣敏でした。副作品は、佐賀「お母やんと白い猫」白武留康、北九州詩「委ねる」ほか坂本梧朗、福岡「私の神田川」野村貴子でした。十時から十七時迄の時間をフルに使って充実した研究集会になったと思っています。最後に来年の研究集会の取組みを話し合う中でコロナがなければ殆ど皆さん一泊二日の研修が希望ということがよく解りました。

                  (高岡太郎)